ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子




「絢斗様の好きな人なら、心から祝福するわよ。






……それに、絢斗様には敵わないかもしれないけど


私だって花風さんのこと大好きなのよ?」






蒲原さんの笑顔は、今までみたなかで一番の笑顔な気がして。




なんだか、泣きそうになった。






「あ、えっと……」





「絢斗様を泣かせたら承知しないんだから」






「わ、私が泣かせるの…?」




「ふふっ、冗談よ。



じゃあね、私は部室に戻るから」






手をヒラヒラ降って、蒲原さんは去っていった。







島野ファンクラブって…どんな活動してるんだろ……。







今度ちょっと、顔出しても怒られないかな?














< 157/ 292 >