ケータイ小説 野いちご

愛すと殺すと


目を開けると、やはり視界には千晶。


俺の温もりを奪おうとでも言うのか、手をいっぱいに広げて千晶にしたら大きい俺を抱き締める。


座ったままの俺と、立った千晶。


さすがに千晶のほうが高かった。



「…大好き」



すりすりと制服姿の俺の胸板に、頬を寄せる。


まるで猫みたい。




「…だから虚しいなんて言わないで」


「千晶」


「千晶は虚しくなんてないよ?

お兄ちゃんやメイがいなくたって、私は陽がいるから。

全然虚しくなんてないの」



メイ。


昔確かに存在した、その名前。



「陽はおんなじ気持ちじゃないの」


「…千晶は好きさ」




千晶は好き。

大事にしたい。



恋愛感情かはわからないけど。



でもそれで気持ちがいっぱいになって、昔確かにいた人たちを忘れることはできないんだ。



「なんでだろーね」



俺と千晶の違いはなんだろう。



答えは明白。





互いが互いを恋愛対象として見ているか。





千晶は好き。

千晶は大事。



けれど、ありきたりな小説みたいにドキドキはしない。




黙りコクった俺に、千晶はそっと暗示のように言う。



「千晶今、すっごい幸せ」



すりすりすり。


ここで「俺も」と言えば、千晶を安心させられるんだろうな。


< 25/ 243 >