ケータイ小説 野いちご

愛すと殺すと



「はあ…」



隣ですやすや眠る千晶を見る。


ダメだ、全く盛らない。


てか盛ったことがない。



『し』と『せ』と『つ』がつく場所は最悪で。



思い出せば悪いことばかり。





でも俺らは幸せを必死に探して生きていた。





毎晩かかさず行っていた、『幸せ報告会』



布団も何も与えられないから、近所で拾ってきた毛布を、当時いた四人でわけあう。


中でひそひそ

今日見つけた『いいこと』を話し合う。



『今日千晶ね、知らない人からアメをもらったの』

『俺は10円拾った』

『鰯雲があったよ。秋だねえ』

『見てみて!綺麗な落ち葉拾ったの!』




二人になった今は、いつの間にかしなくなった。



なんだろう、この空虚感。


辛いことばかりだったのに、楽しかったように思える。



毎日飢えを心配して、性欲処理の相手をさせられる。


そんな辛さと罵倒と暴力の嵐の中で、必死に探してた幸せ。



それが無くなった今、穴の空いた心から寂しい気持ちが溢れてくる




「復活…させよっかな」




二人で幸せを見つけようか。


そしたら少しは、この寂しさもなくなるかもしれない。



< 23/ 243 >