ケータイ小説 野いちご

愛すと殺すと


…と、いうわけで。

朝のHRが終わったと同時に一階の保健室へ。



「失礼しまーす」



ガラガラと横開きのドアを開ける。

独特の薬品の匂い。

奥には清潔感漂う白いベッドに白いカーテン。

薬品棚と文机。

文机には砂糖水というアンビリーバボーな選択肢の飲み物を飲みながら、書き物をしてる先生がいた。

薬品の匂いに鼻をしかめてると、山本先生が話しかけてくる。


「おー、布留」


布留陽杞は、俺の名前だ。


部屋の奥にいくと、白衣の女。


「山本先生」


優雅に朝活を楽しんでいる妖艶な中年女性が、ケラケラ笑う。


「なんだー布留ー。
また殺られたの?」

「殺られた」

「どこ?」

「右腕」

「見せてみ」


机に向かってた先生が立ち上がって、俺の右腕をまくって診察する。


「あー…縫うまでじゃあないなー。
包帯巻いとくか」



薬品棚をごそごそまさぐりながるのを尻目にベッドに座る。

堅いベッドだ、相変わらず。


「布留はさー、菅原本当に好きだよね」

「…さあ?」

「日本語になってないし」

笑うと艶やかな黒髪が背中で揺れる。


「…いつか死ぬよ?」


先生の言うことは正しい。


「別にいいし」

間違ってるのは俺だ。


「…いいんだ」


ちなみに、俺は決して病んでる訳ではない。

病んでるのは向こう。


千晶の方だ。



< 6/ 243 >