ケータイ小説 野いちご

愛すと殺すと


部屋の空気が凍りつく。


あまあまな雰囲気はもはやない。


だって、千晶が手にしてるものは







――包丁だから。








「陽は、千晶のだよ」

「あぁ、知ってるさ」


死にたいわけではない。


人間は生きるために生まれてきた。

生きたくない人間などいない。



どんなに嫌な人生でも、生きたいものだ。



精神的にどんなに追い詰められていても、本能が生きたがるもの。


「千晶が満足するなら、殺せ」


それは、曲げられない事実なのだ。

俺を例外として。


「……」

「殺せばいいよ」


愛してるなら。



「そっかー、ありがと」


にこりと笑って。

寝転がったままの俺に覆い被さる。


「千晶は陽が大好き――大好きで大好きで大好き。
でもいついなくなっちゃうかわかんないでしょ。


いなくなるくらいなら、千晶が消してあげる」


キラリと光る刃が、目に眩しい。


また笑ってない顔。


その顔はいい。

色気すら感じる。


影にそまるその顔。



間違いなく俺が死ぬ最後に見る顔だろう。



「じゃあね、陽。

大好き」




そして刃が降り下ろされた。

< 4/ 243 >