ケータイ小説 野いちご

ピュアなお前に甘めのKiss*



顔を真っ赤にしながそうやって必死に言う宮野くんをみると


本当にそうなんだって分かった。


「私、嬉しいよ!

宮野くんの初めての彼女

本当に嬉しいよ……!」


大好きな人の初めての彼女が

自分で良かったって思う。


「俺も」


そして、これからしていくことも

全部


私にとっても、宮野くんにとっても


初めてのことになる。

そんな幸せなことってない。


お互いに顔を赤くして笑う私達は


まだ何も知らない。


初めての一歩を踏み出した。


< 11/ 319 >