ケータイ小説 野いちご

六花の翼〈リッカ ノ ツバサ〉【完】



瑛さんは特にリアクションせず、黙々と食べてさっさと片付ける。


あたしも急いでその後に続いた。


「何あれ……すっごく不愉快なんだけど」


「言わないで、清良さん。

姉ちゃんは多分、無意識だ……」


雨をやませた、という報告をしたら留衣さんは喜んでいた。


あれから何日か経つが、

オーリィについては何もわかっていないらしい。


瑛さんが放課後あとをつけて見張ったけど、

本当に駅の近くのアパートに一人で住んでいたらしい。


今度は学校をサボって、昼間に忍び込もうと考えているみたい。


瑛さんにとっては、学校の勉強なんか価値がないらしい。


何よりオーリィの正体がつかめない事で、瑛さん以外のメンバーも安心できないでいた。


オーランド・ロットン……。


彼は、何者なんだろう。



< 166/ 691 >