ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子



だったら最初からそういいなよね!









”物わかりがよさそうだから”





私が島野に告白して、受け入れられた理由として言われた言葉。







今なら、その意味がわかる。









…たぶん、今ここにいるのが私じゃなかったら、きっと誰でも勘違いしてしまうよ。







島野はもしかして、私のことが好きなんじゃないか




…なんて。





だってあんなこと言われたら、少しは期待しちゃうでしょ?







”島野は私を好きじゃない”






そう自分に言い聞かせてないと







一人で勝手に舞い上がって、すぐに現実に引き戻されてガッカリしちゃいそうだから。


















”島野の彼女”ってポジションは、思った以上にいろいろと複雑で難しいみたい。











< 52/ 292 >