ケータイ小説 野いちご

ヤンキー君に襲われて

レオ君ち、綺麗…


「そんなに綺麗でもねぇよ?」

///////聞こえてた。



夜…

「部屋行くぞ?」

そう言われて部屋に向かった。

部屋に入った瞬間、押し倒された…

押し倒されてる!!

「あ、あの、レオ君?…



あっ…んんっ…」

唯エロい…

そう言われて私たちは一つになった。






「唯?

疲れたよな?

勝手にごめん。

唯見てたら、理性抑えられなかった。」


そう言われた。



「じゃあ、私のこと、ずっと好きでいてください(*^^*)」



< 3/ 4 >