ケータイ小説 野いちご

LOVELY☆ドロップ


口元に手を当てて笑う端月さんはとても楽しそうだ。

あたしは、っていうと――……。



端月さんと同じように楽しめるはずがなかった。


だって……。

だってあたしの心臓、ずっと鼓動を繰り返しているの。

それに、彼に必要とされたいって思いはじめている。




それは、潤さんを異性として意識しはじめている何よりの証拠だった。



< 169/ 266 >