ケータイ小説 野いちご

情けなくても君がいい


「そんなことないよ!」

どうしよう
どうしよう

何からいえば


「あのっ...」

頭は真っ白になる。

「...じゃがりこ!」
「...??????」

「...じゃがりこ持ってきてくれたよね...
家までさー、ひろくん用水路落ちたよね~
プールもさ、行ったよね。
麻悠が流されて...ひろくんが助けてくれたよね~...」
「...うん」

「...でもね、1番の想い出は
ひろくんとお別れの約束した時だよ」

『大好きだからお別れしよう...』

「忘れられないの...


こんなにひろくんのこと...って
思ったから...」

涙があふれる。


「ひろくん



好き...」

そういうの全部
ひろくんだから楽しかった

ひろくんだから嬉しかった

ひろくんだから

好きだと思ったんだよ


ひろくんは麻悠を優しく引き寄せる。

「...俺も、さ」

「初めてあった時から麻悠が好きだよ
お別れしようっていったときからもっと好きになって...」


一緒にいればいるほど

友達とかじゃ嫌になって
髪切ったりコンタクトにしてみたり
したんだけど...


「関係なかったね...?」


さよならの約束は
わたし達の始まりを連れてきた。


< 5/ 26 >