ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~






「恭もずっとあの調子なら楽なんだけどねぇ?笑」


「あぁ、そーだよな」



「お前ら!いっぺん死ね!」



「てめぇ、恭!誰に向かってそんな口聞いてんだぁ?ちょっと見ねぇうちに生意気になったな!」



「へ?…妃芽?あっのー黒いオーラ出さないで?」



「ん?何?(黒笑)」




いつものこの調子やっぱいーな♪



懐かしいような暖かいようなあたしの居場所




コイツらと馬鹿やることがあたしの楽しみのひとつでもある


コイツらと出会えてほんとによかったと思ってる





< 165/ 402 >