ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~



遂に殺人の指示が来てしまった…




人を殺すなんてこと絶対にしたくない




でも、しないと自分が殺されるかもしれない



恐怖で押しつぶされそうだった…



こんな自分の命と他人の命で悩み狂う自分が嫌で情けなくて悔しかった



そして、結局弱い俺は…






自分の身を護ることにした












結局は自分の命の方が大切だったんだ




そんなことは当たり前だったのかもしれない





でも、人のために自分の命を犠牲にした人を俺は知っている




だからこそ、自分の弱さが身にしみて感じられた…








< 123/ 402 >