ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~



-妃芽side-


「あー、ひーまーだぁー!」


只今、屋上でまたしてもおサボりんなうです☆


「なあ、雷都ー」


「あ?」


「暇だから、帰ろーよ!帰ってさーあそぼーよ!」


どーせ学校いても勉強なんてしないんだし?

別に帰っても良くね?


絶対いいと思う!


「俺もそ〜思う!」


お、こういうとこでは当麻と気が合うなw


「どうせ、学校にいても勉強しないからいいんじゃないですか?帰っても」


聖夜…同じこと考えてるしww


「それもそうだな!倉庫行くか」


「やったぁ♪」


今日は何しようかなぁ


「悪ぃ、今日俺パスな?」


「はぁ?光汰…なんで?」


「いや、ちょっくら女の子とデートのお約束が☆」


呆れた…



「みんな〜光汰なんてほっといて帰るぞ〜」


「ちょ、なんかひどい!ちょっとくらい反応してよ!」


はい、なんか聞こえたけどムシムシ!


「ほら〜当麻早くしろよ〜お前送りだろ〜」


「わぁってるよ!」


なんかあたしの送り係は当番制になった


あ〜あ、正体あかせてたら自分でバイク乗んのにな〜!




< 103/ 402 >