ケータイ小説 野いちご






「嘘でしょ?」



思わず、声が漏れてしまった



目の前には、美優ちゃんと楽しそうに歩く



真人くんの姿だった






< 24/ 81 >