ケータイ小説 野いちご

呪いのブレスレット

「いやーっ!」

ひどい状況にあたしは気も狂わんばかりに叫ぶ。

ふと肩に誰かの手が置かれる。

あたしはハッとして振り返る。

振り返ったあたしの目に映ったのはニヤッと口角を上げて笑うひかりだった。

「ひっ!」

あたしの身体は金縛りにあったように動けない。

いつものひかりが笑うような可愛い笑みじゃなく、どす黒く薄気味悪い笑みであたしを見ている。

その顔がしだいに血まみれになっていく。

『亜美ちゃん、あたし許せない』

あたしはひかりが怖くて声も出せずに凝視している。

『ホン……トウ二……ユルセナイ……』

血まみれのひかりがあたしに抱きついた。

「キャ――――ッ!!!!!!」

ベッドの上で飛び跳ねるようにして起きたあたしは汗だくで、呼吸が荒い。

部屋はまだ真っ暗で、急いで手元の電気を点ける。

「っ! はぁはぁはぁ……」

いつもは起きると忘れてしまう夢も、今の夢は鮮明に覚えている。

< 53/ 216 >