ケータイ小説 野いちご

こっちを向いて、恋をして。



苛立ちを抑えきれず、教室を飛び出した……その夜。

【こんばんは、岩崎です。今日は呼び止めちゃって、ごめんなさい。】

という謝罪のメールが、届いていた。


普通に考えたら、そうなる。

急ぎ足で慌ただしく、俺は教室を出て行ったわけで。急いでいたんだと解釈されるのが、普通だと思う。

でも、

別に急いでいたわけじゃなかったし、こっちからすれば、岩崎と話せてラッキーだった。

それなのに、あんな態度を取ってしまったのは……。


【俺こそごめん。違うんだ】と、返事を打ったところで、手を止める。


……違う?

だったら何で、あんなにイライラしてしまったのか。

そのきっかけは、あいつ。
大西の声だった。

照れた感じの声が、とても耳障りで……って、何だよそれ。


自分自身でも意味の分からない動機に、自己嫌悪。

腰掛けたベッドの掛け布団の上に、ボスっとケータイを沈める。

< 212/ 363 >