ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】

ぼろぼろ、ぼろぼろ、涙が溢れては流れて止まらない。
悔しくて、苦しくて、切なくて、腹立たしくて。


だけど。

嬉しかった。

嬉しかったんだよ。


母親が、俺を必要としてるんだってそう思ったら。
嬉しかったんだ。


泣いてる俺の側に来て、鈴恵さんは優しく撫でながら。

「伊織のお母さんは伊織のこと、いらなかったわけじゃないのよ。
経済的な理由で、手放さなきゃならなかったの。
伊織のこと、こっそり見に来てたりもしたのよ」


「………っ」

嗚咽を洩らしながら、俺は今まで泣きたくても泣けずにいた涙を流し切った。

俺の汚い気持ちや、感情を流すかのように。

俺は鈴恵さんに

「母さんのとこに行く」

そう、言っていた。


涙で歪んで、鈴恵さんの表情はわからなかったけど。

…微笑んだような気がした。

< 265/ 813 >