ケータイ小説 野いちご

続・よみがえれ誠の魂よ〜天つ風の舞い降りた場所〜








あれ程、椿が帰ってくるまでに

新政府軍を滅ぼそうなんて考えていたのに、

全くと言ってもいいほど倒せていない。









それどころか、新政府軍は人数が増えた。








椿が居なくなるまでは五百人だった。



が、今は何故かどんどんと新政府軍に

加担する者が増え、何と倍の

五千人にまでなっていた。






< 3/ 31 >