ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】












それが恋だって気付けなかったのは、まだまだ私がお子ちゃまだったから。








もしかしたら。




伊織を見た時に、私は恋をしていたのかもしれない。






アイドルみたいな顔した裏の世界にいる人。




伊織との奇妙な関係は始まったばかりだった。

< 54/ 813 >