ケータイ小説 野いちご

銀髪姫と不良幹部

あ、パーティーって言えば…。


あいつらも来てたりすんのかな。


あいつら…私が会いたくても会えない奴ら。


…史音、雄吾、禅…元気でいんのかな?


それにあいつらはアホな奴らだけど、御曹司だしな。


招待とかされてそうだけど…。


んーっと歩きながら考えてると、いきなり声をかけられた。


「すみません!夕凪財閥主催のパーティーってどこですか?」


夕凪財閥…?


うわ、まだいたのかよっ…。


これ以上、あの口調はキツイんだが…。



< 60/ 429 >