ケータイ小説 野いちご

レンタル彼氏【完全版】

私もパソコン欲しいなああ。


お兄ちゃん、どーせエッチな画像見てるから私が触るの嫌がるのよね。
ったく、健全なはずの野球少年がばっちいわ。



心の中で悪態つきながら、私はネットの検索サイトにキーワードを打ち込んだ。


『彼氏』『ブログ』『先輩』



こんなとこ?


…………うげ。
2万HIT。



こん中から探すには情報が足りなさすぎる。

ページをスクロールしながらメイちゃんのブログを探すけど、中々見つからない。





「~~~~!!!!」




イライラしながらキーボードを叩こうとした時、私の目にある文字が写り込んだ。





「…………何これ」




連なる文字の中で見たのは。

< 3/ 813 >