ケータイ小説 野いちご

銀髪姫と不良幹部

んー…。


と考えるが、全然思い当たらねぇ。


いや、本気で。


空にぃは何に溜め息をついたんだ?


「…中に入ったら、その口調やめろよ?」


あ、なるほど。


口調でため息をついていたのか。


「わぁてるよ」


そこはちゃんとするって。


心配しなくても…な。



< 51/ 429 >