ケータイ小説 野いちご

『生んで終わりじゃねーのよ』 出産・育児 働くオバちゃんの奮闘記

あちこちウロウロしたって、しょせんは病院。


まあ、改築に改築を重ねているから迷路みたいなんですけど。


1日居るだけで、すっかり内部の構造は頭の中にインプット済み。


点滴ブラ下げて外にも出られず、いつ帰れるのかすら分からない状況がキツい。


部屋に戻れば、また救急車のランプがチカチカ見えるし。


ここ、救急病院でもあるんですよ、地区最大の。


あーヒマヒマヒマ……とつぶやきつつ、廊下に行くと、エレベーターから車椅子に乗せられたうら若い女性が運び込まれました。


行く方向を見ると、何と私の部屋。


よっしゃー! 何か具合悪そうだけど仲間が出来たぞぉ!


しゃべれるかなー、でも顔色悪そうだしなー。


そんな期待を胸に秘めつつ、部屋に戻ったのですが……。


同室さんは大変な人だったのです。

ええ。


< 19/ 572 >