ケータイ小説 野いちご

「いやぁ、冗談のつもりだったんだけどさ…」



「…」



「だって、あんなド素人の適当な催眠なんて、かかる方がおかしいしょ」


「…」


「そんな顔、しないでよ。
君が催眠状態っぽくなったのも、
偶然かもしれないし」


「本当にかかってたら、どうしてくれるの?」


「そのときは…さ、誰かに、ね。
君、可愛いし、そういう相手いるでしょ?
もしいないなら…俺、使ってよ」


「…もういや…」


「泣かないでよ、ほら、
これも何かの縁かもしれないし…」



友達に誘われて初めて行った
合コンで出会った男の子に、
冗談のつもりで試されたデタラメな
催眠術に、
単純で思い込みの激しい、
ほろ酔いの私は見事にかかってしまった。


そして、彼氏の一人もいない私は
この男、真山に同情され、
(元はコイツのせいだが)
毎日、彼の唇を借りる羽目になった。



それから、成り行きで
彼と体の関係を持つようになったが、
彼には彼女がいた…

という、


ベタな展開。

< 11/ 12 >