ケータイ小説 野いちご





真夏の日差しが照りつける昼下がり。



「あっちぃな。」



少女はひとり道に迷っていた。



「なーーんで、こんな複雑なの!
新しい家遠すぎ!!」


最近、ここら辺に越してきたばかりなので

全然土地感覚がつかめてない....


私の名前は

路 あいり


高校一年生。


最近ここら辺に引っ越してきたばかり。



...お母さんの再婚で。



新しいお父さんは、優しくて


新しいお兄ちゃんは、かっこよくて


新しい弟は、元気良くていつも私を笑わせてくれる。



けど...



「あーー。つまんない。」

< 2/ 2 >