ケータイ小説 野いちご

∞幸福フィロソフィー∞

ヒジキはもはや良いとこなし。

ゴーレムはあたしにモンペについて説教されてる最中
ずっとニヤニヤ笑って頷いていた。



ヨウタはと言うと




ゴーレムにあたしが自分の元カノだとバラされたら
自分がボコられバラされると不安を抱いたのか
始終あたしの隣を陣取ってクミカそっちのけ

< 166/ 370 >