ケータイ小説 野いちご






「おー、彼女ね。
……彼女だったっけ?
んー、まあ、彼女だな」


おとぼけ調子の拓。
おいおいおいおいおいおい!!
なんだそりゃ!
彼女じゃなかったら私は何なんだコラ!?

グツグツグツグツ、腸が煮えくり返る。


「あ、ちょうどよかった、たっさん、飯食いました?
僕らまだなんで、一緒しません?」

「あー、残念、私ら、たべ…「おー、いーよー」


被せる!?
被せてまで!?

てか私らさっき、牛丼食べたじゃん!
あんた、汁だく大盛食べておいてまだ食べる気なの!?

……ああ、そうだ。
紅がいるからなんだ。
紅が一緒だから。

そう思ってチラリと紅に視線をやると、紅がこちらを見ている。
何か言いたそう?
あれ、鼻で笑ってる?
て言うか、何か感じ悪い?
見下されてるのかな。
紅がオシャレでかわいいから?
私がおばさんでオシャレじゃないから?

頭の中が、変な気持ちでぐちゃぐちゃになる。



「オレら牛丼食ったからー、コーヒーも飲めるとこにするべー」


私のぐちゃぐちゃなんかお構いなしに、筆を大量に買い込んだ拓は上機嫌だ。
カツオくんと肩なんか組んじゃってる。

ばかばかばか。
今日はデートなんだから。
久しぶりのデートなんだから。
私だけを見なさいよ。

言葉にならない不満が、私の中に蟠る。






< 30/ 175 >