ケータイ小説 野いちご

君の安眠枕は私の…!?


ばふっと下ろされたのは、ベットの上

羊に連れて来られた場所は、羊の自宅の羊の部屋


「軽くお昼寝させて?」


そう言って、羊は私に抱き付きベットに転がる


「え、ちょっ…羊?」


ぎゅっと抱き付かれる
その事に驚いている間に…


スースーっと規則正しい寝息が聞こえてきた


どうしよう、抜け出せないし…
うーんと、悩みながら羊を見る


凄く気持ち良さそうに眠る羊

うぅ、ダメだ…
このパターン前にもあった

あー…ダメだ
羊の寝顔見てたら…眠く…なって…


そこで、私の意識は途絶えた








< 81/ 99 >