ケータイ小説 野いちご

いじめハンター



入った瞬間あたしの想像通り騒がしくなった


「うっわー!まじ美人!」


「最高!女子じゃん!」


はい、これもいつものことだから動じない


あたしは見事に美男美女両親の遺伝子を受け継ぎ結構顔がいい方


あ、自慢じゃないからね?




まあ顔いいほうがこの戦場では色々と便利




そして、あたしはクラス全体を見渡した



「皆さん、今日からこの学校に通う牧原希望-makihara nozomi-です!仲良くしてください♪」



第一印象は大事。
外面をよくしとけばとりあえず色々と便利だ



まあ、見てわかるようにあたしは猫かぶりだ


本当はこんな大和撫子〜みたいな性格じゃないし?


「よし、じゃあ牧原は高野の隣の席に座れ!」



「はい」



高野さんか、隣は…



あたしは席に座るなりチラっと高野さんを盗み見た


机には大量の落書き、上靴もボロボロっぽいし教科書もボロボロ


なるほど、今のこのクラスのターゲットは高野さんなわけだ?


で、この子をいじめてる子はどいつだ?


まあ、この調子だと絶対に女子の中心人物だよな


ぐるっと教室を見渡す



あたしの隣でやたらにっこにこしてるやつとかあやしーな…





< 2/ 147 >