ケータイ小説 野いちご

同居人はNo.1ホストー1ー213ページまで修正







こいつは嫌いだけど表向きだけの関係だし本当に彼女になるわけではない。




それにあたしは男と本気の恋愛なんてする気はないしあたしにとっては都合がいい。




「じゃあ、あたしからも一つある。あたしを好きにならない、あたしに深入りしないこと。その代わりあたしもあんたを好きにならないし深入りしない」




「ふーん、俺様を好きになったらお前…どうすんの?」




あたしは腕を組んで「安心して。あたしにはそういう感情、邪魔なだけだから」フッと笑う最低男に言った。




「そうしてくれ。俺もそのほうがやりやすいからな。じゃ、さっさと行くぞ」




最低男はあたしの腕を掴み歩き出す。





「え、ちょ、待ってよ!」





この時のあたしは気づきもしなかった。



こんな最低な…俺様男によってあたしの人生が大きく変わろうとしていることにーーー







< 27/ 277 >