ケータイ小説 野いちご

何度でも君に恋をする

「いってきます!」


「はい、いってらしゃい」


結局家を出たのはいつもより15分遅い、7時55分。

スニーカーを突っかけ、ダッシュで家を飛び出した。



篠塚千花(シノヅカ チハナ)中1。

周りの友達はチカって呼ぶ。

季節は春。

あと2週間で三学期も終わり。

私の学校の制服は紺のブレザーにグレーのスカート。
胸には赤い紐リボン。

髪は肩より上のショートボブ。


私が学校に着いたのはHRのチャイムが鳴る3分前だった。


「おはよ、チカ。
ぎりぎりセーフだったね」


前の席の友達が声を掛けてきた。


「うん…」


息を切らしながら教科書を机の中に入れた。


それから数分経って担任が教室の中に入ってきた。

担任の長い話は無視して私は昨夜見た夢の事を考えた。


「花野」と呼ばれた小さな女の子と「イッくん」と呼ばれた同じくらいの男の子。


2人はお別れをしていた。
花野は涙を流しながら。


< 5/ 150 >