ケータイ小説 野いちご

空と虹の境界線







「もう、俺の事しか目に入らなくなるようしてやるよ」




「........ぇ」




次の瞬間、私の悲鳴が総司のくちづけによって消された事はゆうまでもなかろう





















< 60/ 68 >