ケータイ小説 野いちご

~* キュート姫とイケメン王子 *~




「____姫っちおっはよ~!」



あたしがなっちとしゃべっていると、
たっちゃんと黒川君が入ってきた。




「………誰……?」




なっちが訝しげに二人の顔を交互に見つめる。



「…あれ?
姫っちの友達…?」



「え?……えと…っ「うん、そうだよ。」



なっちが迷いもなく答えてくれて……



う、嬉しいっ!



新しい友達ができた…っ!




あたしが喜んでいる間に、三人は自己紹介を終えていた。





「黒川達ってーーーー」




なっちは黒川君のことを『黒川』、

たっちゃんのことを『たっちゃん』
って呼ぶことにしたみたい。




「姫乃と、もとから友達だったの?」




「姫っちと?

昨日初めて会ったばっかだよ。
なんか秋がさ、姫っちと運命のキーーー」



「達希!!」

「たっちゃん…!」



あたしと黒川君が叫んだのは
ほぼ同時だった。



「え、何? 気になるー」



「…あっ…あとで二人きりのときに
教えるから…っ」




ここじゃ恥ずかしくて言えない…っっ///








< 19/ 66 >