ケータイ小説 野いちご

【続】好きって言うまで離さねぇ。




うわぁ、涙出てきた。

上手く拍手出来ない……っ



それでも卒業生の方を見るとふいに、冬哉と目が合って。


「……っ!」


思わず目に涙を溜めたまま、目を見開くと

冬哉は意地悪そうに、それでいてものすごく大人なカッコいい笑みを浮かべたんだ。



冬哉ってば、ズルい……っ

こんなのまた涙が溢れるだけ。


でもあの笑顔は……独り占めしたいくらいに素敵で

私の心の中は温かい気持ちでいっぱいになった。




< 46/ 211 >