ケータイ小説 野いちご

人間ゲーム



教室がだんだん見えてきて、教室の前までたどり着くと、先生にドアの前で少し待っていてくれと言われた。


そしてオレを残して、先生だけが教室の中に入る。


教室の外の廊下からでも聞こえてくるぐらい声が大きく、様々な声が聞こえてきた。


なるほど‥。


先生が言っていた通り、楽しいクラスなのか?


少しニヤつきながら、その雑音を聞く。


先生が教室の中に入ってから数分後、やっと転校生の話題になったのか、突然静かになった。


「じゃ、紹介しよう!清川君だ。」


入れ、というように先生が手招きをし、教室の中に入る。


こういう時ってやっぱり緊張するよな。


少しぎこちない動きで教卓へ向かう。


「清川修也です。よろしくお願いします。」


「男子だ‥。」


「意外と……じゃない?」


よく聞きとれないが、様々な声が飛びかっている。


だがオレはそんなことを気にせず、先生から指定された席に座った。


それを生徒たちがチラチラと見る。


別にガン見しても構わないけどな‥。


オレの席のことだが、運命なのかここでも窓際の席になった。


これでまた眺められる‥。


そんなことをボーッと考えていたら、ふとある男子が頭の中に浮かんだ。


その男子はニコニコしていて、何か話しかけている。


そしてすぐに消えてしまった。


あの男子はいったい‥?


そんなことを考えていたら、いつの間にかホームルームが終わっていた。



< 14/ 231 >