ケータイ小説 野いちご

幼なじみと一途な恋愛





「白石先輩がモテるなんてこと、分かってたことでしょ?」


「そうだけど…」




私がいつも燈弥の所に行ったって、燈弥は冷たいし…


今日の朝だって抱きついたらすぐに剥がされた


……いつものことだけど…



チラッと愛羽を見る


……あーあ…


私も愛羽みたいにスラッとしたモデル体型で、ショートヘアーも似合って、目もパッチリで美人だったら



そしたら……燈弥の目に、少しでも映るかも知れない



「……可愛くなりたいな」




ボソッと独り言のように呟やいたら、愛羽にバシッと頭を叩かれた



「痛っ…何すんのー」


「まりあが言うと、嫌味にしか聞こえないのよ」



えぇえ!?




< 42/ 255 >