ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

人喰い蟲



あと数分もすれば、
隼人の胸からあいつが、
飛び出してくる。




『ワ、ワカッテルヨ。賢二、オ、お前ダッテ…。この胸から…あいつが飛び出す前にその剣で俺を殺してくれ。』






隼人は泣きながら、
そう俺にいった。




隼人を助けられなかった。


『あばよ。相棒。』


俺は、張り裂けそうな胸の痛みを隠すように、


腰につけた剣で
隼人の胸へめがけて、
差した。




そこには、
死に絶えた隼人と
心臓を喰らった寄生虫の死んだ姿があった。



この世はすでに
地獄と化している。

< 62/ 73 >