ケータイ小説 野いちご

*雷蝶*~最強姫~




それから暫くすると、駿達が来た。


遥斗「よし、それじゃあ行こうか。」


そういってあたしたちは、バイク置き場まで行った。


さて...どうしよう。誰のバイクに乗ろうか?


自分のに乗りたいけど...流石にそれはマズい気がする。


遥斗「誰のバイクに乗りますか?」


うーん。



柚希「じゃあ...春の!」


ヒョイッ。


あれ?なんでみんな驚いてるんだろう??


駿「お前、なんでそんなにバイクに乗りなれてるんだ?」


あ...ヤバイ。。


柚希「えっと...、兄貴にのせて貰ってるんだよ、たまに。」


駿「そうか...。」



良かった、納得してくれて。


































< 63/ 67 >