ケータイ小説 野いちご

や、うん。ちょっと近くないですか。【短編】四





「咲月くんの声って…
なんか、、色っぽいよね?」





ガタガタッと盛大に椅子を引く音が響き

部屋にいる数人と目が合う







そして
咲月くんを見てみると


…リンゴだ。

手の甲を口に当て

あわあわと
明らかにうろたえているのが分かる







これでお互い様だろう。


慌てて声も出せない咲月くんを見ながら
いたずらを成功させたように笑ってみせ


唇に人差し指を持っていく






ドックドックと

心臓が波打って




ポカポカと

体温が上がっているのを感じながら思う






だって、

近くないですか。とか


恥ずかしすぎてそれこそ言えたもんじゃないでしょう?










END.




< 10/ 11 >