ケータイ小説 野いちご

初恋シグナル~再会は恋の合図~





地味で、暗くて、いつも陰にいる私にとって、あの頃のキミはまるで太陽だった。



憧れは、ただの憧れじゃなくて。





……初恋、だった。




幼くて、未熟な想いでも。



見てるだけの、想いでも。



私にとっては、大事な、恋だった。




今はもう、辻村くんに対してそんな気持ちはないけれど。


それでも、大切な初恋の相手の変貌に、私は戸惑っていた。





< 16/ 424 >