ケータイ小説 野いちご

“またね。”


放課後、菜摘があまりにもうるさかったからか、ふたりが気晴らしにカラオケへ連れてきてくれた。

「ああー会いたい!!高校受かるまでなんて待てない!!」

マイク越しに叫ぶ菜摘。

ただでさえ声が大きいのにマイクなんて使っちゃったもんだから、ふたりとも両手で耳を塞いだ。

キーンと、耳鳴りに例えるには大きすぎる音が部屋に響く。

「でもさ、こないだ会えただけで充分じゃん。覚えててくれたんでしょ?」

伊織の言う通りだと思う。

思うけど―



覚えていてくれたからこそ

また会いたくなっちゃうんだ。

…欲張りなのかな。



会えて本当に嬉しくて、声もうまく出なかったし、ちゃんと喋れなかった。

緊張で声が震えるなんて初めての経験で、話し掛けることで精一杯だった。

せっかく会えたのに、何やってんだ菜摘。



「…トイレ行ってきまあす」

肩を落として部屋を出る。

もう本当に悔しい。

…また会いたいな。

もう1度会えたら、次こそは失敗しないのに。

1週間前に会えたのは、やっぱりただの偶然だったんだ。

奇跡だの運命だの、そんなものはない。

全部タイミングでできていて、たまたまタイミングがよかっただけの話だ。



階段を5段下りる。

正面にあるフロントの隣は喫煙所。

……なんとなく。

本当になんとなく、喫煙所に目を向けると……。



ありえないと思った。

信じられなかった。

これも偶然なんだろうか。
でもそんなのどうだっていい。



また会えるなんて……。



< 24/ 407 >