ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

・・・

宣戦布告にも聞こえる言葉。

・・・

でも、

信也は顔色一つ変えない。

まぁ、そりゃそうだよ・・ね?

高校の時の話しなんだから、

・・・

もう、時効だよね?

・・・

「それは無理ですね?」

ニッコリ笑った信也。

・・・

私と巧は言葉を失った。

・・・

「人妻ならなおさら、

奪うの楽しそう・・・ですよね?」

そう言った信也は、

自分のデスクに戻った。

・・・

「・・・真鍋部長?」

私は恐る恐る巧を見上げた。

・・・

巧は意地悪に微笑んでいた。

「お前の周りにいる男には、

ろくな男がいないとわかったよ」

・・・

そうらしいです。

と、目で言った・・・

< 127/ 213 >