ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

その言葉で、

巧の心に火をつけてしまったのか、

巧もそれに応えるように、

キスをする。

・・・

私の体を優しく撫でながら、

どんどん行為は進んでいく。

・・・

私は巧が好き。

巧が私を愛している以上に、

きっとずっと・・・

・・・

巧に抱かれ、

私は幸せな気持ちで

夜を明かした・・・

< 109/ 213 >