ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

夏樹の言葉に、溜息をついた。

「わかった・・・

無理するなよ?」


『はい・・・

巧、ゴメンなさい』


「しょうがない、そう言う時もある、じゃあな?」


『巧!』



「・・・ん?」


『私には、ご主人様は巧だけですからね?』


「・・・どうした、急に?」


『…いえ、それじゃあ』

「・・・ああ」

・・・

電話を切り、

今言われたことを思い出す・・・

謝ったり、さっきの言葉だったり、

夏樹は一体どうした?

・・・

不思議に思いながら、

会社の外に出た。

< 51/ 213 >