ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は超俺様系?!




「だだだだだって~!!!
麻姫にコーヒーを買いに
行かせるなんて・・・。
僕にはできない!!」




ホントに下僕っていうか・・
執事要素?
別にコーヒー買いに
行くだけなのに・・・




「じゃあいらないのね~」





「ご、ごめん!!
じゃあミルク多めで・・・
砂糖多めで・・・
コーヒー濃い目で・・・」



え・・・。



そんなたくさん言われても・・




「無理・・・。
適当に買ってくる~」




「いってら~」





私は校内にある
コーヒー専門店に
向かった。






それにしてもこの学校は
本当にすごい。






< 13/ 34 >