ケータイ小説 野いちご

幼なじみに恋をした2


「お前なにしてんの」

「あぁ―…浮気」

「最低だろ、お前」

「柚なんも言わねぇんだもんな」

「…妬かせてぇんだ?(笑)」

「なっ!///」

「可愛いとこもあんじゃねぇか。ガキだな」

「うるせっ」



“柚を妬かせたい”


ただそんな思いだけで俺は気づかぬうちに柚を傷つけていたんだ―……。


軽はずみな行為がどんどん深みにはまって……






抜け出せなくなった。


ごめんな、柚。
今言ってもおせぇのにな。




< 6/ 101 >