ケータイ小説 野いちご


「意味のないことなんてないのよ。この世の中、無意味なことなんてないから…」



 ユイは、レンが手にした、まだ浮き上がってこないポラロイド写真を見つめてそう言った。

 その顔は、何処か寂しそうで。



「…いい、記念になるわね」



 そうユイが呟いた時、微かに異様な気配を感じる。



「何だ?」



 エイジが立ち上がると同時に、窓ガラスが割れた。



「手榴弾!?」

「外へ出ろ!!」



 三人は玄関から外に飛び出す。

 次の瞬間、爆発が起きた。



「………!!」



 爆風に吹き飛ばされて、三人は廊下に倒れこむ。



「ごめん、私が後をつけられたのかもしれない…」



 けほけほと咳をしながら、ユイは言った。



「いや、それだけじゃねェと。俺たちの客かも知れねェしな」



 硝煙の匂いが立ち込める中、ユイを抱き起こしながら、 エイジは言った。

 だがまだ 、アパートを取り囲む殺気は消えてはいない。



「どっちにしろ長居は無用だ。逃げるぞ」



 いつの間にか日本刀を握りしめ、レンは言った。



「オマエ、ほとんど無意識に武器取ってるだろ」



 呆れたようにエイジが言う。

 アパートの廊下には、すでに敵が待ち構えていた。

 レンは手早く、そいつらを片付ける。



「おい、一人くらい動けるようにしておけよ。じゃねェと 、こいつらどこの誰なのかわからねェだろうが」



 言いながら、軽い身のこなしで敵を蹴り倒すエイジ。

 敵はあっけなく倒れる。



「…テメェもな」



 振り返るレンの言葉に、エイジは肩をすくめた。

< 8/ 48 >