ケータイ小説 野いちご

刻印を持つ古の巫女



これで私も立派な陰陽師だ!




「紗良も力を使いこなせるようになったんだな。」




「ん?炎君!
ありがとう。」




「紗良、俺と勝負してみるか?」









「はっ?嫌に決まってんじゃん。
自分の使い魔と勝負する馬鹿がどこにいるのよ。」




「ククク、そうだな。
でも俺もたまには力を使わないと衰えるだよ。」




「そうなの?」



「あぁ。」



< 121/ 280 >