ケータイ小説 野いちご

◇◆近距離恋愛◆◇


「ねっみ〜…」


一言呟くと大きなあくびがでる


やっと始まった入学式はお決まりの長〜い校長の話


いつになったら終わるんだか…


そんな疑問を校長に目で訴えかけた後、回りを見渡す

俺の周りはほとんどが男でラッキーと思いきや耳をすますとやっぱり同じ話題


「俺さ今日すっごいかわいい子みつけたんだけど!」


「あ〜、3組の吉池美海だろ?


もう結構噂だよ」



「まじ?絶対この学校で一番かわいい!」


「確かに!思わず抱き締めたくなるよな?」



どいつもこいつも美海の話ばっか


俺の許可なしにあいつの名前出すんじゃねえよ


そしてまたイライラが積もる



< 22/ 275 >